浅草にレトロな写真を撮りに行きたかった。

マギーです!最近は仕事が結構忙しいですよ。9月に入ってから、顧客から
オーディオの調子が悪いだの、エンジンのかかりが悪いだのってトラブルが連発して、その対応と来月頭に行う販売会の準備も重なって、やたらバタバタしてました。まぁ、どうにか一段落しましたけど。連日、残業と2週間近く休みなしでした!

おかげではこの間の休みは、結構ぐったりして、昼近くまで寝てました。疲れは取れたけど、起きたときには、もったいない感でいっぱいでした。

というのは、僕はだいたい休みの日は写真撮影に出かけるからです。

で、このときは、浅草の街をいろいろフィルムにおさめるつもりだったんです。

浅草といえば、スカイツリー、雷門、浅草寺、仲見世なんかが有名だと思うけど、僕の場合は浅草の裏通りのなんでもないような風景をフィルムカメラで撮りたいなぁと思っていました。浅草の裏通りには、昭和を感じさせる古い民家や飲食店なんかが当たり前の景色として残っています。壁の色なんか黒ずんでいて茶なのか黒なのか判然としないくらい痛んでいたりしている家があったリするんですよ。そういうのを白黒フィルムで撮りたいと考えていたんです。セピア色とかもいいなぁなんてね。そんなふうに自分が思うレトロな浅草の世界観を写したかったんです。まぁまた別の機会に撮影しにいきますよ!